センスエピXを使う時に気をつけることは?

センスエピXを使う時に気をつけることは?

センスエピXを使用する上で気を付けなければならないのは

日焼け後1ヶ月は使用をしてはいけないことです。

 

センスエピの光は、黒い色に吸収される性質があり、
日焼け後のメラニン色素が活性化するときに使用すると、
ヤケドなど肌にダメージを与える恐れがあります。

 

日焼け同様、ホクロやタトゥー、シミの上に

照射することも止めてください。

 

また

 

アトピー、アレルギー体質の方も、予め皮膚科医や

かかりつけの医師に相談させることをお奨めします。

 

⇒センスエピXの脱毛はこちら!

日焼けをした場合、どの位待ってからセンスエピを使用できますか?

センスエピには肌色センサーが搭載されています。

 

つまり、

 

照射前に肌色センサーが肌の濃淡を自動チェックして、
日焼けされた方や黒褐色の肌の方など、
センスエピの使用に適さない肌色と判断した場合、
光が照射されないよう安全装置が作動します。

 

したがって、

 

日焼けした場合は、4週間ほど経って

症状が落ち着いてからセンスエピXを使用したほうがいです。

 

 

しかし、、日焼けに関して疑問点があれば、かかりつけの
医師に相談した方がいいです。

 

⇒センスエピXの脱毛についてもっと見てみる!