光脱毛器センスエピXの特徴

光脱毛器センスエピXが他の脱毛器との違いは?

2016年センスエピシリーズに新たな脱毛器が登場しました。

 

それが「センスエピX」

 

 

 

センスエピXはセンスエピGの改良型で、
発売以来、口コミを見てみると評価が高いです。

 

 

一体センスエピXはどんな脱毛器なのでしょうか?

 

 

センスエピXの特徴をまとめてみました。

 

 

 

1、カートリッジ不要

 

 

光脱毛器にはカトーリッジ交換型とカートリッジ一体型があります。

 

センスエピXはセンスエピGと同じカートリッジ一体型です。

 

カートリッジ交換型は、カートリッジを
交換するお金や手間がかかりますが
カートリッジ一体型はその心配がありません。

 

 

 

2、ジェルやクリームが不要

 

 

一般に脱毛後は、専用のジェルやクリームで
肌を保湿する必要があるのですが、
センスエピXでは、その必要がありません。

 

 

 

3、驚きの照射数とコストパフォーマンス

 

 

センスエピGは照射数5万発でしたが
センスエピXは照射数30万発

 

つまり、

 

1発あたりの照射コストが従来のセンスエピGの2/5
1円6発、1発たったの0.2円の計算になります。

 

 

 

4、照射スピードが大幅にアップ!

 

 

センスエピGでは照射間隔が1〜3.5秒だったのに
センスエピXは、照射間隔が全レベル0.9秒

 

従来のセンスエピG もレベル1では、
照射間が1秒と速いですが、レベルが上がるにつれて
その照射間がひらいてしまいました。

 

しかし、

 

センスエピXでは、よりスピーディーに照射できるようになり、
レベル1〜5まで、同じスピードでの照射が可能です。

 

例えば、

 

1回の脱毛時間はワキ、わずか1分、
両脚も約7~8分で脱毛できます。

 

 

 

5、0.9cm×3cmの照射面積で 顔から指まで脱毛できる

 

 

センスエピXの照射面積0.9cm×3cm

 

この照射面積が小さいのがポイント!

 

全身を脱毛するなら照射面積が多い方がいいのですが、
大きくなると細かな部分の脱毛には不便です。

 

センスエピXなら、今まで照射しにくかった口まわり(の産毛)や
指、手の甲などの部位も簡単に無駄なく脱毛できます。

 

これは、

 

センスエピXは手のひらサイズなのも関係しています。

 

 


 

 

以上、

 

センスエピXの特徴をまとめてみると
カートリッジの交換の費用を気にすることがなく
専用ジェルやクリームも必要もないのでコストがかかりません。

 

 

また、

 

首筋、口まわりやうなじなど、
今まで処理しにくかった部分も
簡単に無駄なく脱毛できるようになりました。

 

 

サロンを予約したり何度も通う煩わしさもないので、
好きな時間に好きな場所で自分のペースで
脱毛が出来るのがうれしいですね!

 

 

通常5万発あれば一通りの全身脱毛が
できると言われているのですが、
30万発搭載のセンスエピXは
家族も一緒に使えるのもいいですね!

 

⇒センスエピXについてもっと詳しく見てみる!